忍者ブログ

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新記事

(10/18)
(08/13)
(07/17)
(07/11)
(07/01)

プロフィール

HN:
NOnKO
性別:
女性
自己紹介:
自由気ままな生物。

ブログ内検索

フリーエリア

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(本名????)

30歳 ♀
一人称:私
二人称:あんた・君 年上:○○ちゃん・呼び捨て 年下:坊や・お嬢ちゃん
身長:173cm(ヒール含む)
性格:欲望に忠実
好き:酒・男・子供・ポケハン
嫌い:犯罪者・寒い場所
趣味:散歩
好みのタイプ:「ふふ。あえて言うなら芯のしっかりしてる人。」

国際警察官。(今はポケハン中心)
暴言・暴挙・見た目からして警察官には思えない。仕事もよくサボって怒られる。
いい男はすぐ口説こうとする。可愛い子供はお持ち帰りしようとする。
本命は別にいるが「結果は見えてる」と言って気持ちを伝える気はないらしい。
15歳~20歳の間、暴走族で随分悪い事をしていた。
その後警察官になろうと思ったのは大好きな兄の影響。
本名・家族の事を語ろうとしない。(本名で呼ぼうとしたら本気で殴る)
紅と言う名は自分の本名として通している。
虫が苦手(人に言えない)
料理はレシピがあればなんとかできる。家事は陽炎まかせ。


理想の女性としてハナメを昔から慕っている。六つ子たちのことも可愛がっている。

手持ちポケモン
・陽炎♂(ヨノワール)
兄のポケモン。
小さい頃から紅の事を知っているので親代わり。
心配性で世話焼き。
紅が唯一甘えられる相手。
・桜花♂(バシャーモ)
紅の最初のポケモン。
いつも特訓に勤しんでいる。
短気だが面倒見がいい。
たまに紅に「ダーリン」と呼ばれる。
・ぷわわ♂&ふわわ♀(フワンテ)
ラブラブだったとこをゲット。
ボールに入りたがらず二人でお散歩するのが好き。
紅が冗談でつけた紅い糸がお気に入り。
・茜♀(ウィンディ)
ガーディの時に悪用されてたとこを保護。
おしとやかなレディへと進化していった。
毛並みはいつも綺麗。
・紅蓮(ファイヤー)
紅が一目惚れでゲット。
気位が高く、人前に出たからない。
・朱華♀(ゴウカザル)
ロケット団の実験材料として使われてたところで出会う。
改造され人との会話が出来る。
人間嫌いなので仕事以外では人前に姿を現さない。
唯一人間の友達の紅には心を許す。
・炎武♂(ブーバーン)
とても好戦的な性格で強そうな相手を見つけるとすぐ戦闘を始める。
紅も少々手を焼いている。
・赤燐(ヒードラン)
寡黙で冷静な隠密タイプ。
なにかと苦労してるせいか陽炎とはよく気が合う。

●警察官
最初は兄の事件の真相を知るためだけに国際警察官になったがいつの間にか10年。
紅自身もまさかこんなに馴染むとは思ってなかったらしい。
今はポケハン中心のお仕事と言っても署内で遊びまわるか外で口説きまくるか。
真面目なお仕事になると手持ちのメンバーを変えて行ってまいります。
ただし単独行動・破壊行動が大好きなので結局こっちでも始末書。
家にいた頃は文武両道に育てられたため、人並み以上は出来る子。
でも武道より暴力の方が好き。犯罪者には残虐でいられる。
ヒートアップすると言葉遣いが荒くなる。
自分の中の正義の意味は絶対的強さ。強さこそが正義と思っている。
個人的思想なので他人に強要はしないし、他人の思想を理解しようとは思わない。
警察官より悪人的思考の方がどちらかというと濃い。

●仕事・本気モード
命がけの仕事に単独で赴くことが多い。複数でも渋々行く。
髪はまとめて背中をがっつり見せる服装。
背中の刺青をわざと見せている。暴れる直前まではコートで隠す。
武器は薔薇の掘りが入った2丁の銃。耐熱・耐電特殊グローブ。
敵は子供だろうと容赦はしない。向かってくるならポケモン相手だろうが手加減しない。
同僚にも厳しい事を平然と言う。
冷静で策略的だが相手が強いと熱くなり楽しそうに笑う。
建物を破壊して最終的にすべて燃やそうとする。

●森の中の家
とある森の土地を買い取り家を建てて暮らしている。
川や湖もあり様々なポケモンが見られる。
たまに密猟者が入ってくるので紅が叩きのめしている。
仕事の都合で水タイプが必要な時は森のポケモン達に協力してもらう。
住んでいる場所はたまに泊まりに来る六つ子達しか知らない。
町から離れた場所に住む理由は人と会いたくない時が多々あるから。


成長過程

家族について
 

PR

Trackbacks

TRACKBACK URL :

Comments

Comment Form